やあ!

僕はため池マン!

tameikeman-kakogawa-umi2

 

今日も暑いね。

あ・・・

暑い・・・・

 

ikimonokansatu3

 

でもなんだか!

気持ちイイ!!!

(*´ω`*)

 

tameikeman-umi-kisui

 

ため池マン!

海(加古川河口)に参上!!!

 

2018年7月21日
『海の学習』
(主催:水辺に学ぶプロジェクト・場所:兵庫県の高砂市(加古川右岸河口))

 

 

dokidokitameikeman

 

学習会(干潟の生き物のお話)にて紹介されるため池マン。

 

tameikeman-inamino
ため池マン:「みんなで海の環境を守ろう!」

 

この日はなんと約100人の親子が参加。

 

↓『海の学習』の内容は↓

1 干潟の生き物のお話
2 干潟の生き物観察
3 投網教室

 

 

最初に干潟(ひがた)の生き物の学習した後で

みんなで海へ行き

そこで生き物観察と投網(とあみ)を体験します!

 

ikimono-catch

 

干潟(ひがた)にはどんな生き物さんがいるのかな?!?

 

※ 干潟とは潮がひいて現れる平らな砂泥地のこと

 

kani-hyogo-kakogawa

 

ため池マンも子どもたちと一緒に生き物観察をしました。

 

umi-ikimonokansatu

makigai

巻貝を発見!

 

そして…ついに!!

レア!

ikimonokansatu2

 

hakusenshiomaneki1

 

ハクセンシオマネキ

という珍しいカニさんを発見しました!!

 

[゚▽゚]v

 

※『ハクセンシオマネキ』とはオスの片方のハサミが極端に大きいことが特徴的なカニ。
特に都市部では河口域の干拓、浚渫、環境汚染などが脅威となり、生息地が減少している(絶滅危惧II類(VU))。

 

kani-kai-kakogawa-ikimono-tameikeman

 

 

 

tameikeman

片方の爪だけ白色で大きいなんて

すごくカッコイイな!

ハクセンシオマネキは絶滅危惧種に指定されるなど

その数は年々減っているのだとか…。

ハクセンシオマネキさんが安心して住めるように

海の環境を守っていかないとなぁ…!!

 

 

次は

投網(とあみ)を体験。

 

※投網とは、円錐(えんすい)形で上部に手綱(たづな)、下部におもりのついたものを水中に投げ広げ、その後に引き寄せてつぼめ、魚を捕らえる漁網。

 

touami1

touami-tameikeman1

 

umi-tameikeman-ikimono

 

投網…!この網、想像よりも重いゾ…!!!

( ̄b ̄) シーーッ!!

(じつは…ため池マンも投網には苦戦しました。💦)

 

 

最後に

 

tameikemanicon1

ため池マンが子どもたちに今日の体験の感想をきいてみました!

 

tameikeman

ため池マン

今日の体験学習はどうだったかな?

 

kodomo

子どもたち

楽しかったーーー!!!

 

tameikeman

ため池マン

どんな生き物さんがいたかな?

 

kodomo

子どもたち

カニ、小さなクラゲ、小魚、エビ!!!あと、セミの抜け殻をたくさんみつけたよ(≧∇≦)

 

tameikeman

ため池マン

え?!セミさんもいたんだ! 投網はどうだったかな?

 

kodomo

子どもたち

少しずれて石が入っちゃった!

難しかったよ!

上手く出来なかった。

でも楽しかったよ!

 

みんなにとってすごく楽しい一日になったみたいだね。

ボクもいろんな生き物さんに会えて嬉しかった。

地元の方に教えてもらいながら行う

投網(とあみ)の体験も本当に楽しかった!!

 

 

tameikemannihenshin

henshin-tameikeman

 

最後にため池マンに変身してくれてありがとう!

 

これからもみんなで自然環境を守っていこうね。

 

 

 

 

medakanokotaro

同日、コタローたちは…
【兵庫県】岩見用水川まつり(7月21日)に参加しました。
劇団員ブログレポート📒
CHECK!
・メダカのコタロー劇団員ブログ 平澤慧美さん
・メダカのコタロー劇団員ブログ 市埜真理さん